Vガンダム企画時点(ニュータイプ1992年10月号)のインタビュー


ニュータイプ誌92年10月号より

NT
特に今回は、富野さんご自身が現在考えておられること、それはアニメについてでも、もっと広く一般的なことでもかまわないわけですが、それについて伺いたいと思いまして・・。

そこで、まずいわゆる全体的な状況についての感想なんですが、ことしの夏の劇場アニメは何かご覧になられましたか?

富野 いや、実はまだ見ていないんですよね。「紅の豚」は機会があったら見ようと思ってるんですけど。でも忙しくて、なかなか思うように時間が取れなくて・・。

ただ、絵なんか見ていて感じるのは、たとえば角川の3作品などは、もう僕らの感覚ではわからないというか。それがいいのか悪いのか、どこに魅力があるのか、理解できなくなってきているんです。

そんな中でも、「紅の豚」は見てみたいと思うのは、その絵とか映画の内容に興味があるというのではないんですよね。要するに、もう我々のイメージの中に確固たる宮崎アニメのクオリティーというのがあるでしょ。だから、少なくとも見て損はないだろうなぁ、と。

現に日航で機内上映していて、サラリーマンたちもけっこう喜んで見ているということですが、あれなんかもそのクオリティーに対する評価であって、必ずしも「紅の豚」に対する評価ではないわけですよね。

NT
そうですね。過去培ってきたものも含めて、みたいな。

富野
だから「紅の豚」が入る入らないというのは、僕らから見ると、あくまで実績論なんです。でも角川3作品の入りの方は、今の客−これは、本来我々がターゲットにしなければならない相手という意味での−がどういう方向に動いているかを示すものであって、僕なんかにとって本来基本的に考えなくてはならないのはこちらのほうですし、それだけに重要なんです。

NT
あれは、いわゆるアニメ・マニアがどういうエネルギーをもっているかですものね。

富野 だから、無理にでもそれを次の仕事につなげる、ということですよ。
しかし、そのようなことがもう根底からわからなくなってきている。それと、僕自身、もし次の作品をTVでやるなら、もう一度TV戻りするような作品をやってみたい、というのがあるんです。

それも、次回作がたとえ”ガンダム”という名のつく作品であったとしても、今度は、過去「F91Edit」まででやってきたような”ガンダム世界”をそのままステップ・アップしていくようなつくり方ではないものを、というのが。

それは、今仮にTVということばを使いましたが、これから、たとえば衛星放送も含めたかなり広いスタンスで将来的にどういうソフトを提供していくかといったことを考えたときに、”ガンダム”という名前を据える限り、そうしたステップ・アップしていくやり方ではもう何も新しいことはできないだろうなって、単純に思うからなんです。

つまりどういうことかというと、ファンのつきすぎた作品というのは、認知のされ方が宮崎アニメなんかとは根本的に違うわけなんですよね。もうこれは、作品のクオリティーとか何よりも、まず第一に、それぞれのファンの中に犯し難い”ガンダムの虚像”というのができ上がってしまっているんですよね。

NT
それは言ってしまえれば、作品世界がひとり歩きしてしまうという。

富野
ええ。だから、もし次の仕事をTVならTVでやらせてもらえるなら、僕の頭の中にあるのは、そうした垣根を取り払ったようなものをという。

それはきっと、ある面、自分自身の首を絞めることにもなるだろう、とも思いますが、やはりそういったつくり方をやっていかなければならない。口はばたい言い方をすれば、その、マーケット・リサーチをするような気持ちでいきたいと。

そして、何よりもアニメの原点に立ち戻っていかないと、いくらメカものだ、ロボットものだと言っても、結局はジリ貧になってしまうと思うんです。そういうストーリー・ラインをつくっていきたいなあ、と。

そこで、今僕がいちばんわからないのは、リサーチする相手の求めているものは何なのか、なんです。角川の3作品も含めて、何がいいのか、悪いのか、全くわからない。でも逆に、そのあたりがわからないからこそ、もうちょっと違うスタンスで何かやってみたいという。

まぁ、よく言えば冒険心みたいなものはあります。ただ冒険とは言っても、少なくともこれまでサンライズというテリトリーの中でロボットものをつくりつづけてきた実績はありますし、サンライズ自身も俗に言う幼児戻りしているような作品をきちんとやってきているわけですから、それはそれで、そういう形で商売になるかな、というのは見えてはいます。

もちろん、それだけでガンダムがある部分模索してきたマーケットをカバーするのは、やっぱり無理だと思います。じゃあ、その部分をカバーするのが角川3作のテリトリーなのかとなったときに、長年アニメをやってきた人間の立場で言わせてもらうと、ちょっとマニアの方向に走りすぎているのではないかと。

むしろ、対極に宮崎アニメとかディズニーのラインがあるとするなら、そのあたりを取り込んでみたい。そんなロボットものをやってみたいというのがあるんです。

NT
その、TV戻りというのは、やはり年齢も含めて・・・。

富野
そうですね。実は、宮崎アニメとかディズニー・アニメは、ロボット・アニメで使う年齢を使っていないんですよね、今は。僕自身、実は「F91Edit」で大失敗したなと思っているのは、主人公の年齢設定なんですよね。

つまり、17歳とか18歳とかいう年齢のもっているうっとうしさや、それがいちばん怪しい年代なんだっていう問題に気がつかずに、そこに手をつけてしまった。

そのために、作品としてはどうしても弾まなかったという感触を、これはつくり終って抱いたんです。だいたい、あの年齢を扱って気が済むというのは、こんなこと言ったら、メカマニアの人に怒られるかもしれませんが、あれはメカマニアのレベルで好かれるということでしかないんです。

それだって、メカマニアが本当に喜んでいるのかというと、必ずしもそうとは思えない。それよりも、12〜13歳という、人間の感性がいちばん鋭敏な時期の、しかも皆が最低限の共有体験をもっている年代を描いたほうが、よほど生き生きとしますし、見る人の共感も得られるんですよ。

だから、できるなら次はそこでやってみたい。

NT
ところで、つくり手として、現在の状況自体については?

富野
今僕がやりたいこと、やろうとしていることは、ある意味でアニメに最も勢いがあった時期、具体的には15年ぐらい前に向いているわけですが、それは、たとえば最近特に増えている過去に向かった作品づくりというのとは根本的に違うんですよね。

それは、ただ懐古だけで物をつくっていくか、いつの時代も同じ混乱した状況の中で、それでも自分は正統を歩んでいるかということを意識してつくっていくかの差なんです。

この差は決定的で、きちんとした意識をもっている人間は、2〜3年したらきちんと作品をつくってくれる。

それと、こうしたグチャグチャしているときに、むしろいろんなことを積極的にやっていって、作品づくりとか企画の立て方なんかを覚えたヤツが結局は勝つんですよ。

たとえば宮崎さんだって、何もスルスルと今みたいな立場に立てたわけでなくて、東映やめてから一般に認められるまで、それこそどれだけの量の仕事をどういうふうにやっていったかということを、知っておいてほしいんですよね。

NT
それこそ、設定の量やレイアウトの量にしても尋常じゃないですからね。

富野
僕もはたで見てましたけど。その果てしない労働をやりながらも、宮崎さんはどんどん吸収していくんですよ。だから、若い人たちがやっている量のやり方はすごく問題があると思うんですよ。それこそ、本当にクソにもならない仕事を一生続けることになるか、10年後にスタジオを建てられるまでになっているか。それは本当にちょっとした意識のもち方の違いなんです。

じゃあその違いは何なのかというと、これは残念ながら教えられない。それはやっぱり現場で、体を使って覚えてもらうしかない。

そういうことで言えば、宮崎さんだって勉強家だし、高畑さんだって勉強家なんですよね。今、僕がいちばんつらいのは、そうした才能が10年おいたら出てくるのか、というと、ちょっとそれが見えなさすぎるということなんです。だけど、僕自身としては、そうした状況はありがたいと言えばありがたいところもあって。何せ、こうやって次のチャンスが与えられそうな気配があるんですから。

あと、僕自身、もし60歳ぐらいまで仕事をさせてもらえるなら、やはり仕事をしていたいということはあります。まみれるっていうのか、宮崎さんもそうだと思うけど。単に、自分の好きな作品をつくっていきたいというようなバカなことではない。最近やたらとフリーになる人が多いですが、もっとそのあたりを考えてほしい。

あと、やっぱり現場の風に当たらないと。現場の風は情報を運んできますから。その中で自覚をもって自分を磨く。松本清張だって、デビューは40歳を過ぎてからなんですよ。僕は今、そのことを次の世代のつくり手たちに伝えたいんです!


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1191, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2013-06-18 (Tue) 08:50:06
Last-modified: 2013-06-18 (Tue) 08:50:06 (JST) (3303d) by yasuaki
アニメの部屋
2013年春アニメ
2013年夏アニメ
2013年秋アニメ
2014年冬アニメ
<五十音順>


<オススメ>
カリオストロ城の部屋
革命機ヴァルヴレイヴの部屋
エヴァンゲリオンの部屋

<ある程度作成済>

ガンダムの部屋
攻殻機動隊の部屋
まどか☆マギカの部屋
ルパン三世の部屋
スタジオジブリの部屋
宇宙戦艦ヤマトの部屋
ドラゴンボールの部屋
スタジオジブリの部屋
未来少年コナンの部屋
カリオストロの城の部屋
風の谷のナウシカの部屋
となりのトトロの部屋
天空の城ラピュタの部屋
紅の豚の部屋
もののけ姫の部屋
千と千尋の神隠しの部屋
ハウルの動く城の部屋
崖の上のポニョの部屋
風立ちぬの部屋


 

<簡略版>

エウレカセブン
ワンピース
北斗の拳
ジョジョの奇妙な冒険
レベルE
伝説巨神イデオン
太陽の牙ダグラム
マジンガーZ
デビルマン
タイガーマスク
装甲騎兵ボトムズ
サイボーグ009
黒子のバスケ
キャプテンハーロック
東のエデン
カウボーイビバップ
少女革命ウテナ
四畳半神話体系
銀河鉄道999
わが青春のアルカディア
マクロス
夏目友人帳

 

<2013年春アニメ>

 

 

 

あいうら
惡の華
アラタカンガタリ 〜革神語〜
インド版 忍者ハットリくん
うたの☆プリンスさまっ
宇宙戦艦ヤマト2199
大人女子のアニメタイム
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
カーニヴァル
革命機ヴァルヴレイヴ
KARA THE ANIMATION
ガラスの仮面ですが
銀河機攻隊マジェスティックプリンス
キングダム2
血液型くん!
恋旅〜True Tours Nanto〜
サイクロプス少女さいぷ〜
ジュエルペット ハッピネス
進撃の巨人
翠星のガルガンティア
スパロウズホテル
絶対防衛レヴィアタン
探検ドリランド -1000年の真宝-
断裁分離のクライムエッジ
団地ともお
ダンボール戦機ウォーズ
ぢべたぐらし あひるの生活
デート・ア・ライブ
DD北斗の拳
鉄人28号ガオ!
DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION
とある科学の超電磁砲S
トレインヒーロー
波打ち際のむろみさん
はいたい七葉
這いよれ! ニャル子さんW
爆獣合神ジグルハゼル
はたらく魔王さま!
ハヤテのごとく! Cuties
ヒックとドラゴン〜バーク島の冒険〜
秘密結社 鷹の爪 MAX
百花繚乱 サムライブライド
フォトカノ
プリティーリズム・レインボーライブ
変態王子と笑わない猫。
ぼくは王さま
マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜
みにヴァン
宮河家の空腹
ムシブギョー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ゆゆ式
よんでますよ、アザゼルさん。Z
LINE TOWN
レゴチーマ〜アニマル戦士たちの伝説〜
RDG レッドデータガール
ロボカーポリー

 

<アニメ以外>

ふなっしー
マイケル・ジャクソン
スタートレック
スターウォーズ
ディズニーランド
ディズニーシー
安堂ロイド

<2013年夏アニメ>

物語シリーズ
ローゼンメイデン
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
銀の匙 Silver Spoon
Free!
神のみぞ知るセカイ 女神篇
犬とハサミは使いよう
ロウきゅーぶ! SS
戦姫絶唱シンフォギアG
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
有頂天家族
たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜
ハイスクールDxD NEW
サーバント×サービス
げんしけん 二代目
神さまのいない日曜日
空の境界 第一章 俯瞰風景
帰宅部活動記録
ステラ女学院高等科C3部(しーきゅーぶ)
ガッチャマン クラウズ
きんいろモザイク
恋愛ラボ
超次元ゲイム ネプテューヌ
幻影ヲ駆ケル太陽
君のいる町
てーきゅう
魔界王子 devils and realist
ふたりはミルキィホームズ
戦勇。
ブラッドラッド
リコーダーとランドセル ミ☆
BROTHERS CONFLICT
義風堂々!! 兼続と慶次
ザ・ミッドナイト☆アニマル
マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん the TV
にゅるにゅる!!KAKUSENくん

<2013年秋アニメ>

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
インフィニットストラトス2
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
ガイストクラッシャー
ガリレイドンナ
ガンダムビルドファイターズ
境界の彼方
京騒戯画
キルラキル
ぎんぎつね
ゴールデンタイム
コッペリオン
殺し屋さん
最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ〜バトルスピリッツ〜
サムライフラメンコ
サカサマのパテマ
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
ストライク・ザ・ブラッド
声優戦隊ボイストーム7
世界でいちばん強くなりたい!
ダイヤのA
鷹の爪GO 〜美しきエリエール消臭プラス〜
DIABOLIK LOVERS
てさぐれ!部活もの
東京レイヴンズ
凪のあすから
のんのんびより
はじめの一歩 Rising
ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ 卒業編
pupa
フリージング ヴァイブレーション
BLAZBLUE ALTER MEMORY
BAYONETTA Bloody Fate
ポケットモンスター
WHITE ALBUM2
機巧少女は傷つかない
ミス・モノクローム
メガネブ!
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜
弱虫ペダル
ログ・ホライズン
ワルキューレ ロマンツェ

<2013年劇場版>

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
かぐや姫の物語
中二病でも恋がしたい!
ルパン三世 vs 名探偵コナン THE MOVIE
モーレツ宇宙海賊

<2014年冬アニメ>

スペース☆ダンディ
とある飛空士への恋歌
桜Trick
のうりん
ロボットガールズZ
魔法戦争
ジョバンニの島
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
妖怪ウォッチ
ニセコイ
マケン姫っ! 通
ノブナガン
となりの関くん
熱風海陸ブシロード
いなり、こんこん、恋いろは。
うーさーのその日暮らし

<2014年春以降>

ハマトラ
色づく世界の明日から