Back to page

− Links

 Print 

Diff of ルパン三世とアルセーヌ・ルパンの関係 :: アニメの部屋

Diff of xpwiki:ルパン三世とアルセーヌ・ルパンの関係

  
Cur: 2016-11-06 (Sun) 17:32:58 ゲスト[h3G7fWoxZgU] source[3] Edit[4]
Line 1: Line 1:
 +漫画版のルパン3世をモンキー・パンチ氏が執筆始めた当初、最初の数話はアルセーヌ・ルパンの話を使っていたのだと思います。
 +漫画版の第一話は、数名の登場人物の中に、ルパンがまぎれており、それを、名警部(最初はそういう設定だったような・・?)銭形が見破って逮捕する話です。
 +
 +そして、漫画版の第二話は、前回の続きとして、ルパンが刑務所から脱走する話です。うろおぼえなのですが、確か、長期にわたって刑務所にいて、ルパンはひげ面になり、
 +
 +「俺はルパンじゃないー!」
 +
 +とわめきながら、死刑直前にすり替わってにげる話です。
 +
 +アルセーヌ・ルパンを好きな方ならわかるように、この漫画版の第一話、第二話は、アルセーヌ・ルパンの最初の2話を、そのまま忠実になぞっています。漫画版ルパン3世は第三話以降になって、はじめて、オリジナルネタが使われた記憶があります。
 +
 +さて、ルパン3世がアニメ化されるさい、漫画版の第二話は、有名な「脱獄のチャンスは一度」という物語になりました。
 +
 +ここでのルパンは、先の漫画版同様、やはり銭形につかまり、刑務所に入れられます。銭形は、ルパンは脱走するはずだという信念を持っていますが、死刑の日になってしまいます。その日まで、ルパンは、ヒゲもそらず、自分はルパンじゃない!といい続けます。
 +
 +結局、看守と入れ替わって最後の最後に脱走に成功するのですが、この話は、通常のアニメ版ルパン3世とは様々な点で違和感があります。
 +
 +・ルパンが銭形にまともにつかまる点
 +
 +・ルパンが刑務所で1年間も動けない点
 +
 +・そのため、ヒゲ面になる点
 +
 +・銭形がルパンの脱走を信じている点(→これはいつも同じか・・)
 +
 +ルパン本人は、自分が1年間逃げなかった理由を、プライドの問題(銭形につかまったのがショックで、復讐のため、ぎりぎりの瞬間まで待った)として説明しております。
 +
 +しかし、そうではなくて、この話は先ほどもいったように、アルセーヌ・ルパンの物語をそのままパクっている(表現悪いですね・・盗んでいる といい直しましょう)のです。
 +
 +だから、1年間も脱走せずヒゲ面になったのです。ちなみに、なぜ、アルセーヌ・ルパンが1年も脱走しなかったのかというと、第一話での失恋と、体調管理に刑務所生活もいいと思ったからです。
 +
 +では、さらにさかのぼって、なぜアルセーヌ・ルパンが第一話でつかまったのかというと、もともと、原作者のモーリス・ルブランは、一話限りの短編として書いたからです。それが、評判良かったため、続編作って活躍させるために、第二話は刑務所から抜け出す話を作ったわけです。
 +
 +さて、アルセーヌ・ルパンを第一話で逮捕するのも、第二話で、脱走を期待(?)するのも、名警部ガニマールです。彼が、そのままルパン3世の銭形警部に引き継がれたわけです。
 +
 +もっとも、銭形警部は後にはかなりマヌケなキャラになってしまいました。もともとは、名警部ガニマールのイメージだったはずなのですが・・
 +
 +ところが、以前スーパーチャンネルでやっていた、フランス製作のアルセーヌ・ルパンのドラマシリーズを見ていて驚きました。名警部ガニマールが、今度は銭形同様のマヌケ警部になって、笑いをとるキャラに変わっていたのです!!
 +
 +これは、あきらかに、日本のルパン3世の影響が逆流して本国フランスでのアルセーヌ・ルパンものに変化を与えたのだと思います。
  

  • Backup diff of ルパン三世とアルセーヌ・ルパンの関係(No. All)
    • Cur: 2016-11-06 (Sun) 17:32:58 ゲスト[h3G7fWoxZgU]