Cur: 2016-11-06 (Sun) 16:42:50 yasuaki[h3G7fWoxZgU] source Edit
Line 1: Line 1:
 +ナウシカの母は、ほとんどその姿を見せないが、「風の谷のナウシカ」という作品にとって、最も本質的な何かを示している。
 +出てくるシーンはわずか一箇所。映画でも漫画でも、ナウシカの幼い時の思い出のシーンで、オームを燃やすときにその姿を示すのみであ
 +る。
 +無言で、ただ、ナウシカの訴えに耳をかさないシーンだけが描かれる。
 +
 +このシーンの重要性がわかるのは、物語も終盤になって、ナウシカが牧人と戦うシーンである。
 +
 +牧人は、ナウシカの弱点が母の思い出にあることに気づき、ナウシカの母に変容する。ナウシカは少女時代に戻り、母の胸でやすらぎそう
 +になる・・
 +
 +しかし、ナウシカは、母が優しい笑顔を見せた瞬間、それがニセモノであることに気づく。この瞬間、ナウシカは自分を取り戻す。
 +
 +そして言う。「母は、決して笑顔を見せることはありませんでした。優しい人でしたが、決して癒されない悲しみを抱えていました。」
 +
 +
 +そして、気づく。
 +「母は、私を愛しませんでした。」
 +
 +それを聞いて、牧人は言う。
 +「お前が、オームに名前をつけたのは、お前が愛されない仕返しか」
 +
 +
 +つまり、ポイントは、
 +
 +1.ナウシカは、母の身体の毒をうけた多くの兄弟の犠牲のもとに生まれた。
 +2.母が、癒されない悲しみをおい、優しいが笑顔はなかった。
 +3.ナウシカは、自分は愛されてはいなかったと考えており、これがナウシカの弱みになっている。
 +4.母の行為を反復するかのように、ナウシカ自身、愛していない巨神兵の母として振る舞った。
 +
 +
 +つまり、優しいが、愛情がない母は、ナウシカにとってトラウマとなっているのである。
 +
 +
 +身体に毒をうけ、深い悲しみをもつ、どこか冷たい女性。
 +
 +これは、いうまでもなく、宮崎アニメの多くに共通するモチーフである。
 +
 +トトロにおける療養中の母。
 +もののけ姫におけるエボシ。
 +アニメ版ナウシカにおけるクシャナ。
 +
 +彼女達の共通点は、身体が不自由であり、ひどい経験があり、どこか冷たい美しさをたたえている点である。
 +
 +宮崎駿監督は、彼女達の詳細は語らず、ただ、こういう。
 +エボシは本当にかわいそうな女なんです。
 +クシャナは本当にかわいそうな女なんです。
 +
 +彼女達が、どれほどかわいそうなのかは、ほとんど実際には説明されない。
 +
 +ただ、宮崎監督は、彼女達の苦しみを力説する。
 +
 +言うまでもなく、彼女達のモデルは、宮崎駿監督自身の母である。
 +
 +彼女は、難病をわずらい、少年期の宮崎監督をおいて、療養生活を送った。
 +
 +母はどれほど、子供たちをおいて療養を続けることでさみしかっただろうか?
 +
 +しかし、子供から見れば、それは一層さみしいことだろう。
 +
 +
 +「兄(宮崎駿監督)が幼いころのことですが、母が7〜8年入院してたことあるんですよ。
 +寂しい思いをしたんでしょうね」(弟の宮崎至朗氏談)
 +
 +おそらく、彼は、自分が、母に愛されていない子なのではないかと考えざるをえなかったのではないだろうか?
 +
 +ナウシカが、母は優しかったが自分を愛していなかったと考えざるをえなかったように・・
 +
 +
 +宮崎駿監督は、当初、ナウシカに母を見ていた。(ナウシカの胸の大きさについて、参照)
 +
 +これは、母性的なものへの憧れ、甘えが出ていたと思う。
 +
 +しかし、ナウシカと牧人との戦いの中で、おそらく、ナウシカが自分自身の深層意識に入り込み、自分自身と対決せざるをえなかったように、宮崎駿監督自身も、自分自身の深層意識に入り込み、自分自身と向かい合うことになった。
 +
 +その結果、ナウシカの胸は小さくなり、ナウシカは(そして宮崎駿監督は)、おそらく、「母は自分を愛してはいなかった」という言葉につきあたる。
 +
 +自然的なもの、母性的なものへの漠然とした憧れが、深層としては、自分が子供時代に抱えていた寂しさに起因する可能性に直面したのだろう。
 +
 +そして、風の谷のナウシカという作品は、根本的な変化を遂げる。
 +
 +自然や母性への崇拝から、生命論の物語へと。
 +
 +そこでキーになるのは、もはやフカイではない。
 +
 +子供3人を生みながら長期療養しなければならなかった自分の母であり、11人の子供を生みながら、自分の体内の毒によって10人の子供を殺してしまったナウシカの母である。
 +
 +それは、宮崎駿監督の以下の、生命の誕生に対する認識の言葉ともひびきあっている。
 +「恐竜はいわゆる恐竜的進化の果てに滅びたと言われていたのが、このごろは違ってきました。ネメシスが因果応報の罰を与えたのじゃなくて、巨大隕石が地球に衝突して、それで滅びたとかね。地球が大地殻変動期を迎えて、大噴火を繰り返して、それで7割ぐらいの種が絶滅して、更新が行われたとか。地球はやさしくないんですよ。滅びたのは恐竜自身のせいじゃなかった。地球のせいだった。」
 +「カンブリア紀の爆発が偶然だったんだ。今の形も、自分たちが残っているのも偶然だったのだ」
 +
 +つまり、当初は自然崇拝・母性崇拝であった物語が、以下の気づきと認識を受け、テーマが揺らいだのだ。
 +
 +・母性への憧れは、母に対する寂しい思いから生まれていたという気づき
 +
 +・生命とは、ある偶然の状況により誕生したものであり、やさしさから生まれたものではない。そのために、いろいろな矛盾を抱えながら生きていくものであり、業を背負ったものであり、残酷であり、絶望を本質としてもって言う認識
 +
 +その結果、生命の本質とは母性賛歌で済むようなものではなく、生き物としての業をかかえながらも、それを乗り越えようとするものであるという結論に変わったのだ。
 +
 +
 +そして、ナウシカという物語は、自然の復活へという憧れ、母への憧れを捨てる。
 +
 +テーマは、業を背負ったまま、生命としていき続けることの重要性にポイントは変わる。
 +
 +毒をなくすのではなく、毒とともに生き続けること。
 +
 +母への憧れを追い続けるのではなく、愛情がない母であっても、その業を引き受けて生きていくのが生命であるということ。
 +
 +
 +それが、牧人に母を見て、その胸に顔をうずめる幼女のナウシカから、母が優しすぎるために牧人のウソであることを見ぬくまでのわずか数コマで表現された、ナウシカの意識の変換であり、作品のテーマの転回の頂点である。
 +
 +
 +(参考1)
 +不条理な業を引き受けていき続ける生というテーマは、漫画版ナウシカ完結直後に製作された映画「もののけ姫」において、呪われたアシタカに引き継がれる。
 +なぜアシタカは呪われなくてはならなかったのか参照(もののけ姫のページ)
 +また、ナウシカの生命論も参照
 +
 +
 +(参考2)ナウシカの母についての宮崎駿監督の発言集
 +「ナウシカのお母さんは、どうだったのか。決してナウシカに邪険にしたとか、いじめたとか、そういうことじゃないと思うんですよ。どこ
 +かで、一番深いところではフカイ絶望があったんだと思う。
 +「ものすごく優しい人でしたが・・」といっているから、優しかったんですよ。
 +村人にも、彼女に対しても優しかったと思う。でも愛するのとはちがうって。」
 +
 +
 +
 +「例えばナウシカは、この子は何か傷をもっている子だなということは、前から思っていたから。
 +そうすると、母は私を愛さなかったという方が、読者には唐突でも彼女の存在そのものと一致する。自分でも納得できる。」
  

  • Backup diff of ナウシカの母(No. All)
    • Cur: 2016-11-06 (Sun) 16:42:50 yasuaki[h3G7fWoxZgU]

Front page   Edit Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 12883, today: 1, yesterday: 1
アニメの部屋
2013年春アニメ
2013年夏アニメ
2013年秋アニメ
2014年冬アニメ
<五十音順>


<オススメ>
カリオストロ城の部屋
革命機ヴァルヴレイヴの部屋
エヴァンゲリオンの部屋

<ある程度作成済>

ガンダムの部屋
攻殻機動隊の部屋
まどか☆マギカの部屋
ルパン三世の部屋
スタジオジブリの部屋
宇宙戦艦ヤマトの部屋
ドラゴンボールの部屋
スタジオジブリの部屋
未来少年コナンの部屋
カリオストロの城の部屋
風の谷のナウシカの部屋
となりのトトロの部屋
天空の城ラピュタの部屋
紅の豚の部屋
もののけ姫の部屋
千と千尋の神隠しの部屋
ハウルの動く城の部屋
崖の上のポニョの部屋
風立ちぬの部屋


 

<簡略版>

エウレカセブン
ワンピース
北斗の拳
ジョジョの奇妙な冒険
レベルE
伝説巨神イデオン
太陽の牙ダグラム
マジンガーZ
デビルマン
タイガーマスク
装甲騎兵ボトムズ
サイボーグ009
黒子のバスケ
キャプテンハーロック
東のエデン
カウボーイビバップ
少女革命ウテナ
四畳半神話体系
銀河鉄道999
わが青春のアルカディア
マクロス
夏目友人帳

 

<2013年春アニメ>

 

 

 

あいうら
惡の華
アラタカンガタリ 〜革神語〜
インド版 忍者ハットリくん
うたの☆プリンスさまっ
宇宙戦艦ヤマト2199
大人女子のアニメタイム
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
カーニヴァル
革命機ヴァルヴレイヴ
KARA THE ANIMATION
ガラスの仮面ですが
銀河機攻隊マジェスティックプリンス
キングダム2
血液型くん!
恋旅〜True Tours Nanto〜
サイクロプス少女さいぷ〜
ジュエルペット ハッピネス
進撃の巨人
翠星のガルガンティア
スパロウズホテル
絶対防衛レヴィアタン
探検ドリランド -1000年の真宝-
断裁分離のクライムエッジ
団地ともお
ダンボール戦機ウォーズ
ぢべたぐらし あひるの生活
デート・ア・ライブ
DD北斗の拳
鉄人28号ガオ!
DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION
とある科学の超電磁砲S
トレインヒーロー
波打ち際のむろみさん
はいたい七葉
這いよれ! ニャル子さんW
爆獣合神ジグルハゼル
はたらく魔王さま!
ハヤテのごとく! Cuties
ヒックとドラゴン〜バーク島の冒険〜
秘密結社 鷹の爪 MAX
百花繚乱 サムライブライド
フォトカノ
プリティーリズム・レインボーライブ
変態王子と笑わない猫。
ぼくは王さま
マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜
みにヴァン
宮河家の空腹
ムシブギョー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ゆゆ式
よんでますよ、アザゼルさん。Z
LINE TOWN
レゴチーマ〜アニマル戦士たちの伝説〜
RDG レッドデータガール
ロボカーポリー

 

<アニメ以外>

ふなっしー
マイケル・ジャクソン
スタートレック
スターウォーズ
ディズニーランド
ディズニーシー
安堂ロイド

<2013年夏アニメ>

物語シリーズ
ローゼンメイデン
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
銀の匙 Silver Spoon
Free!
神のみぞ知るセカイ 女神篇
犬とハサミは使いよう
ロウきゅーぶ! SS
戦姫絶唱シンフォギアG
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
有頂天家族
たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜
ハイスクールDxD NEW
サーバント×サービス
げんしけん 二代目
神さまのいない日曜日
空の境界 第一章 俯瞰風景
帰宅部活動記録
ステラ女学院高等科C3部(しーきゅーぶ)
ガッチャマン クラウズ
きんいろモザイク
恋愛ラボ
超次元ゲイム ネプテューヌ
幻影ヲ駆ケル太陽
君のいる町
てーきゅう
魔界王子 devils and realist
ふたりはミルキィホームズ
戦勇。
ブラッドラッド
リコーダーとランドセル ミ☆
BROTHERS CONFLICT
義風堂々!! 兼続と慶次
ザ・ミッドナイト☆アニマル
マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん the TV
にゅるにゅる!!KAKUSENくん

<2013年秋アニメ>

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
インフィニットストラトス2
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
ガイストクラッシャー
ガリレイドンナ
ガンダムビルドファイターズ
境界の彼方
京騒戯画
キルラキル
ぎんぎつね
ゴールデンタイム
コッペリオン
殺し屋さん
最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ〜バトルスピリッツ〜
サムライフラメンコ
サカサマのパテマ
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
ストライク・ザ・ブラッド
声優戦隊ボイストーム7
世界でいちばん強くなりたい!
ダイヤのA
鷹の爪GO 〜美しきエリエール消臭プラス〜
DIABOLIK LOVERS
てさぐれ!部活もの
東京レイヴンズ
凪のあすから
のんのんびより
はじめの一歩 Rising
ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ 卒業編
pupa
フリージング ヴァイブレーション
BLAZBLUE ALTER MEMORY
BAYONETTA Bloody Fate
ポケットモンスター
WHITE ALBUM2
機巧少女は傷つかない
ミス・モノクローム
メガネブ!
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜
弱虫ペダル
ログ・ホライズン
ワルキューレ ロマンツェ

<2013年劇場版>

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
かぐや姫の物語
中二病でも恋がしたい!
ルパン三世 vs 名探偵コナン THE MOVIE
モーレツ宇宙海賊

<2014年冬アニメ>

スペース☆ダンディ
とある飛空士への恋歌
桜Trick
のうりん
ロボットガールズZ
魔法戦争
ジョバンニの島
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
妖怪ウォッチ
ニセコイ
マケン姫っ! 通
ノブナガン
となりの関くん
熱風海陸ブシロード
いなり、こんこん、恋いろは。
うーさーのその日暮らし

<2014年春以降>

ハマトラ
色づく世界の明日から