ホーム >> 最新ニュース >> Leaving Neverland: エステートの声明、エミー賞ノミネートについて

最新ニュース

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link マイケルジャクソンファンクラブ マイケルジャクソンファンクラブ (2020/3/4 14:00:12)

feed Leaving Neverland: エステートの声明、エミー賞ノミネートについて (2019/7/21 2:11:09)
Hi #MJFam:
今回のエミー賞ノミネートは同賞の信頼への打撃だけではなく、ジャーナリズム全体への打撃です。エステートは、今回のノミネートに関連してファン・コミュニティーから、このノミネートがマイケルのレガシーに及ぼす影響を懸念する数多くのメッセージを受け取っています。ここに、エステートからメッセージを皆さんと共有させていただきます。

エステートの声明

アメリカでのエミー賞ノミネートの発表に関連して多くのファンの皆さんからメッセージをいただいています。テレビ芸術科学アカデミーによるクリエイティブアート・エミー賞に、恥ずべき一方的中傷、「Leaving Neverland」がノミネートされたことについての怒りと失望は私たちも同様です。

ご存知の通り、エステートは、「Leaving Neverland」の二人の中心人物による誤った告発からマイケルと彼が遺したものを守るために多くの時間と費用を費やしてきました。彼らが法廷で失敗してHBOにこの件を持ち込んだ時、私たちは相当の時間と費用をもって迅速にHBOに対する訴訟を起こしました。訴訟は現在も続いており、世界中の注目を集めています。HBOはこの訴訟を重大なものとして受け止めています。

加えて、私たちはハーバード大とUCLAで開催された公開セミナーに参加し、「Leaving Neverland」の著しい偏向について焦点を当てました。これはメディアでも大きく報道されました。私たちは数多くの公式声明を発表してマイケルを弁護し、「Leaving Neverland」に関わる人々の動機だけでなく、もはや自分では弁護できない者に対する裏付けのない根も葉もない訴えを拡散する信用できない嘘つきと制作者を支持することを選んだ人々の動機に対しても疑問を投げかけました。

これまで発表した声明で提示したように、水面下で行っていること、今後も続けていくこともあります(タジ・ジャクソンに対する支援も含みます)が、その大部分は公にはしません。私たちの特異な立場においては、テレビネットワークや映画製作者、原告らの代理人、場合によっては、この映像をもっと売り込み認知度を上げるために私たちがすることを何でも掴んでおきたいと考えている敵メディアとも話をしている最中であることを考えれば、私たちは思慮深くなければならないと考えています。マイケルを愛する人々が感じる怒りを共にする一方で、マイケルのレガシーに貢献するものに反することに対し堂々と主張しつつも、彼を破壊したいと思う者たちが探している口実と機会を与えないように、私たちはその情熱のバランスを取らなければなりません。それはファンの皆さんも望むことではないと思います。

エミー賞の中でもこの部門については言えば、皆さんお気づきの通り、メディアはほとんど注目していません。ウソと証明されたことを元に構成された4時間のプロパガンダ作品に賞を授与することはそれがいかなる賞であっても不条理であるという私たちの見方についてはアカデミー側には確実に伝えています。その一方で、公に訴えたいという衝動を抑えることは心情としては満足できませんが、このことを肝に銘じておくことは重要です。すなわち、1、2年後には誰が獲ったかも忘れられてしまう賞のために彼らが取り組んでいる利己的なキャンペーンも含め、HBOや制作者、そしてこの映像のプロモーション活動を利するいかなることも私たちはしたくないのです。

サンダンス映画祭でのプレミアとHBOでの放映の後、「Leaving Neverland」のウソがいくつか暴かれました。エステートやファンの皆さん、海外やアフリカ系アメリカ人向けメディア、そして一般の視聴者までもが、信ぴょう性とジャーナリズムの品位が欠けていることを暴く穴を映像の中に発見しています。自らの作品制作にあたり公平性というジャーナリズムの基本をことごとく冒とくした傲慢な監督の問題点を明らかにし続けることが私たちの最善の策です。利己主義的な”受賞”が、反対の立場の側を避けるという彼の決断の正当性を実証することにはなりませんし、ファクトチェックを怠ったことを正当化することはありません。時間経過の穴を埋めることもないし、マイケル・ジャクソンや関係者の名誉を傷つけた無謀さから免責されるわけでもありません。

このインフォマーシャルに出資し支援することでマイケルの評判を貶めることに加担したHBOは、この数か月間、私たちにフラストレーションを感じてきました。しかし、私たちはマイケルの素晴らしいレガシーを守り保護することに努めているのです。HBOと監督の彼はマイケル・ジャクソンを黙らせられたらと望んできましたが、できませんでした。何らかのノミネートや受賞がその状況を変えることはありません。

最後にこの場を利用して、ファンの皆さんに対し、時間と労力、そして時にはマイケルを守るための調査にお金を費やしてくれたことに対してお礼を言いたいと思います。そうした労力を私たちは承知していますし、マイケルと彼のレガシーを支援するために皆さんにしていただいているすべてのことに心から感謝しています。どうかご安心ください。

マイケル・ジャクソン・エステート


■Statement from the Estate of Michael Jackson about Emmy Nominations

Hi #MJFam:

The Emmy Nominations are not only a blow to the credibility of the awards, but to journalism everywhere. The Estate has received a deluge of messages regarding the nominations, expressing concern from the fan community about the effect this will have on Michael’s legacy. The Estate shares the following message with you.

STATEMENT FROM THE ESTATE

We have heard from many fans in connection with the recent announcement of Emmy nominations in the US. We share your outrage and disappointment that the disgraceful one-sided smear Leaving Neverland was nominated for potential Creative Arts Emmys by the Television Academy.

As you know, the Estate has spent years and considerable sums defending Michael and his estate against false allegations made by the two subjects of Leaving Neverland. When those individuals took their case to HBO having thus far failed in court, we wasted no time in filing a major lawsuit at considerable time and expense against HBO that remains active, attracted worldwide attention and which HBO has taken very seriously.

We also participated in public seminars highlighting the egregious bias of Leaving Neverland? at both Harvard and UCLA ? which were covered extensively in the media. We have issued numerous public statements defending Michael, calling into question the motivations not only of the participants in the film but also the motivations of those who would choose to support the discredited liars and filmmaker who spread uncorroborated, unsubstantiated claims against a man who is no longer here to defend himself.

As we have indicated in prior statements, there are and will continue to be things that we do behind the scenes (including support offered to Taj Jackson), most of which will never become public. We recognize that in our unique position we must be thoughtful in whatever actions we take given that we are dealing with a network, filmmaker, plaintiffs’ attorneys and, in some cases, hostile media who are looking to seize on anything we do to advance their agendas and create publicity for this film. While we share the anger those who love Michael feel, we nonetheless must continue to balance our passion to speak out, against what best serves Michael’s legacy and not give those who wish to destroy him the excuse and opportunity they are looking for to try to further denigrate him. We know this is not what the fans want either.

As far as these specific Emmy nominations are concerned, as you may have noticed the media has actually given very little attention to them. So while we can confirm that we informed the Academy of our views regarding the absurdity of nominating for any award four hours of propaganda built on provable lies, it is important to keep in mind that, while not emotionally satisfying to restrain ourselves from speaking out publicly, we don’t want to do anything to effectively aid HBO, the filmmaker and the subjects of the film in seeking to promote this movie in any way. That includes aiding this and other self-serving campaigns they undertake for potential awards nobody will even remember who won a year or two from now.

After screening at Sundance and then playing on HBO, several lies were exposed in Leaving Neverland. The Estate, fans, foreign and African American media and even everyday viewers found holes in the film exposing its appalling lack of credibility and journalistic integrity. Our best course is to continue to shed light on an arrogant director who violated every basic journalistic standard of fairness in making his movie. No self-serving “award” will ever validate his decision to avoid anyone with a counterpoint of view, nor will it ever justify his inexcusable failure to fact check, fill the gaping holes of his timeline or absolve him for recklessly disparaging the reputations of Michael Jackson and others.

HBO’s reprehensible participation in disparaging Michael’s reputation by financing and supporting this infomercial has been frustrating for all of us over the last several months. But we are committed to protecting and preserving Michael’s incredible legacy. HBO and the film’s director were hoping they would mute Michael Jackson. They didn’t. No nominations or potential awards will change that.

We also want to take this opportunity to thank the fans for all of the time, energy and, in some cases, money you have invested in the defense of Michael. You can be assured that we are aware of those efforts and genuinely appreciate everything you do to support Michael and his legacy.

--- The Estate of Michael Jackson

_____________________

Best
Alicia

MJOnline
The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP


execution time : 0.062 sec
アニメの部屋
2013年春アニメ
2013年夏アニメ
2013年秋アニメ
2014年冬アニメ
<五十音順>


<オススメ>
カリオストロ城の部屋
革命機ヴァルヴレイヴの部屋
エヴァンゲリオンの部屋

<ある程度作成済>

ガンダムの部屋
攻殻機動隊の部屋
まどか☆マギカの部屋
ルパン三世の部屋
スタジオジブリの部屋
宇宙戦艦ヤマトの部屋
ドラゴンボールの部屋
スタジオジブリの部屋
未来少年コナンの部屋
カリオストロの城の部屋
風の谷のナウシカの部屋
となりのトトロの部屋
天空の城ラピュタの部屋
紅の豚の部屋
もののけ姫の部屋
千と千尋の神隠しの部屋
ハウルの動く城の部屋
崖の上のポニョの部屋
風立ちぬの部屋


 

<簡略版>

エウレカセブン
ワンピース
北斗の拳
ジョジョの奇妙な冒険
レベルE
伝説巨神イデオン
太陽の牙ダグラム
マジンガーZ
デビルマン
タイガーマスク
装甲騎兵ボトムズ
サイボーグ009
黒子のバスケ
キャプテンハーロック
東のエデン
カウボーイビバップ
少女革命ウテナ
四畳半神話体系
銀河鉄道999
わが青春のアルカディア
マクロス
夏目友人帳

 

<2013年春アニメ>

 

 

 

あいうら
惡の華
アラタカンガタリ 〜革神語〜
インド版 忍者ハットリくん
うたの☆プリンスさまっ
宇宙戦艦ヤマト2199
大人女子のアニメタイム
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
カーニヴァル
革命機ヴァルヴレイヴ
KARA THE ANIMATION
ガラスの仮面ですが
銀河機攻隊マジェスティックプリンス
キングダム2
血液型くん!
恋旅〜True Tours Nanto〜
サイクロプス少女さいぷ〜
ジュエルペット ハッピネス
進撃の巨人
翠星のガルガンティア
スパロウズホテル
絶対防衛レヴィアタン
探検ドリランド -1000年の真宝-
断裁分離のクライムエッジ
団地ともお
ダンボール戦機ウォーズ
ぢべたぐらし あひるの生活
デート・ア・ライブ
DD北斗の拳
鉄人28号ガオ!
DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION
とある科学の超電磁砲S
トレインヒーロー
波打ち際のむろみさん
はいたい七葉
這いよれ! ニャル子さんW
爆獣合神ジグルハゼル
はたらく魔王さま!
ハヤテのごとく! Cuties
ヒックとドラゴン〜バーク島の冒険〜
秘密結社 鷹の爪 MAX
百花繚乱 サムライブライド
フォトカノ
プリティーリズム・レインボーライブ
変態王子と笑わない猫。
ぼくは王さま
マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜
みにヴァン
宮河家の空腹
ムシブギョー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ゆゆ式
よんでますよ、アザゼルさん。Z
LINE TOWN
レゴチーマ〜アニマル戦士たちの伝説〜
RDG レッドデータガール
ロボカーポリー

 

<アニメ以外>

ふなっしー
マイケル・ジャクソン
スタートレック
スターウォーズ
ディズニーランド
ディズニーシー
安堂ロイド

<2013年夏アニメ>

物語シリーズ
ローゼンメイデン
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
銀の匙 Silver Spoon
Free!
神のみぞ知るセカイ 女神篇
犬とハサミは使いよう
ロウきゅーぶ! SS
戦姫絶唱シンフォギアG
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
有頂天家族
たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜
ハイスクールDxD NEW
サーバント×サービス
げんしけん 二代目
神さまのいない日曜日
空の境界 第一章 俯瞰風景
帰宅部活動記録
ステラ女学院高等科C3部(しーきゅーぶ)
ガッチャマン クラウズ
きんいろモザイク
恋愛ラボ
超次元ゲイム ネプテューヌ
幻影ヲ駆ケル太陽
君のいる町
てーきゅう
魔界王子 devils and realist
ふたりはミルキィホームズ
戦勇。
ブラッドラッド
リコーダーとランドセル ミ☆
BROTHERS CONFLICT
義風堂々!! 兼続と慶次
ザ・ミッドナイト☆アニマル
マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん the TV
にゅるにゅる!!KAKUSENくん

<2013年秋アニメ>

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
インフィニットストラトス2
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
ガイストクラッシャー
ガリレイドンナ
ガンダムビルドファイターズ
境界の彼方
京騒戯画
キルラキル
ぎんぎつね
ゴールデンタイム
コッペリオン
殺し屋さん
最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ〜バトルスピリッツ〜
サムライフラメンコ
サカサマのパテマ
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
ストライク・ザ・ブラッド
声優戦隊ボイストーム7
世界でいちばん強くなりたい!
ダイヤのA
鷹の爪GO 〜美しきエリエール消臭プラス〜
DIABOLIK LOVERS
てさぐれ!部活もの
東京レイヴンズ
凪のあすから
のんのんびより
はじめの一歩 Rising
ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ 卒業編
pupa
フリージング ヴァイブレーション
BLAZBLUE ALTER MEMORY
BAYONETTA Bloody Fate
ポケットモンスター
WHITE ALBUM2
機巧少女は傷つかない
ミス・モノクローム
メガネブ!
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜
弱虫ペダル
ログ・ホライズン
ワルキューレ ロマンツェ

<2013年劇場版>

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
かぐや姫の物語
中二病でも恋がしたい!
ルパン三世 vs 名探偵コナン THE MOVIE
モーレツ宇宙海賊

<2014年冬アニメ>

スペース☆ダンディ
とある飛空士への恋歌
桜Trick
のうりん
ロボットガールズZ
魔法戦争
ジョバンニの島
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
妖怪ウォッチ
ニセコイ
マケン姫っ! 通
ノブナガン
となりの関くん
熱風海陸ブシロード
いなり、こんこん、恋いろは。
うーさーのその日暮らし

<2014年春以降>

ハマトラ
色づく世界の明日から